【東証一部・株式会社リソー教育】結果の出る個別指導のNo.1!塾から生涯教育まで時代に先駆ける教育サービスを拡大中

 
>>採用ナビサイトはこちら |マイナビ2021 インターン受付中!!|
 

僕らも通ってきた塾。リソー教育は個別指導のハイレベル塾というイメージが強い。塾といえば講師の仕事が浮かぶが、他にどんな仕事があるのか「会社目線」で考えた事はなかった。今回は知っているようで知らない仕事の世界に質問をしていきたいと思います。

今回は池袋駅近くにあるリソー教育グループ城北本部へ訪問!ビル一棟で塾と本部事業の運営が行われている。  

 


グリーンが爽やかなビル入口

 

 


名刺交換。今日はよろしくお願いします!

   

今回の学生メンバー

   


アルバイトで塾講師の経験はあるけど、こんなに多様な職種があるとは知りませんでした。 キャリアステップの選択肢が多いほど興味が湧きます。

 


漠然と人と関わる仕事に興味があるけど、個別指導や生涯教育もまさに「人のためになる」仕事ですね!

 


少子化の時代に強さを発揮して選ばれるビジネスモデルをつくりながら、働き方改革にも積極的に取り組む企業は素敵ですね。

 


新規ビジネスに関心があるので、他社と違う価値を打ち立てて結果を出す会社は魅力的です!

 


こうして企業の方とじっくり話をすると、働く人を通して会社の雰囲気も伝わってきますね。すごく温かい雰囲気です。


 
教育企画局
ブロック長
森本様

       

たくさんの企業が競う教育ビジネスの中で、リソー教育様の特徴、強みについて教えてください!

 

本日はよろしくお願いします!

 

よろしくお願いします。気になること、知りたいことは何でも質問して就活に活かしてくださいね!

 

早速ですが、みなさんは塾に通われたことはありますか?

 

ぼくは中学受験で

 

私は高校受験

 

みなさん受験目的で通われていたんですね。

 

   

結果のために。個別指導へのこだわりとは?

   

リソー教育様は、個別指導の学習塾「TOMAS(トーマス)」を中心に教育サービスを行う企業様ですが、たくさんある塾の中で選ばれる強みは何でしょうか?

 

集団塾との違いはズバリ「個人別カリキュラム」です。生徒さんひとりひとりのための、オーダーメイドの教育・指導を行えることです。学習の得手不得手は人それぞれ、千差万別ですよね。

 

同じ「英語が苦手」でも、苦手の理由も違いますね。

 

リスニングかリーディングか、それともそもそも異なる文法への苦手意識とか。

 

そう、その「苦手の理由」を知って克服するためには、個別でひとりひとりにしっかり対応しないと結果が出ませんよね。カリキュラムから全てがオーダーメイドです。 ところでみなさん、授業でノートをとりますか?とったノートはいつ見返しますか?

 

   

テスト前ですね。

 

テストに出そうなところをチェックする意味でもノートは大切な復習のツールなんです。「TOMAS」では、先生1人生徒1人の完全個別指導で板書を用いて授業をすることで、生徒の苦手箇所を集めたノートを作っていくんです。そのノートをしっかりと復習すれば・・・?

 

それは結果につながりますね!

 

ワンランク上の学習塾というイメージがありましたが、その結果への丁寧なこだわりで納得できました。

 

他にも個別指導塾は多くありますが、「TOMAS」は何が違うのですか?

 

個別指導で「進学塾」であることが他の個別指導塾との一番の違いです。進学実績を出していることが一番の特徴であり、選ばれている理由です。みなさんが進学塾に求めるものは実績ですよね?

 

そうですね。実績で選びますね。

 

当社はホームページで進学実績を公開しています。当社のように年度ごとに学校名や合格人数をハッキリと公開している個別指導塾は他に見たことがありません。進学実績を明確に発表している学習塾として、合格を求めるお客様からの信頼を得て成長していることが一番の強みですね。進学実績へのこだわりが口コミとなって広がり、おかげさまで個別指導で「進学塾」の評価をいただいていると考えています。

 

勇気がいることにも思えますが、お客様目線に立てば信頼して選ぶ理由になりますね。

 

今まで生徒側では考えたことのない「ビジネス目線」のPRであり自信を感じます。

 

塾を教育サービス業というビジネスとして考えると、お客様の対価に応じた結果を求められます。企業としては、学校教育とは違う価値と他社に負けないサービスを追求することになりますね。

 

なるほど。

 

生徒が望む進路や夢に、結果で応えるということですね。

 

受験以外に通常の授業の苦手科目の克服のために通う生徒さんもいらっしゃいます。いずれも入塾のきっかけは「結果への評判」「個別指導の丁寧な教育」で選ばれていますね。

 

個別指導ではNo.1を自負していますが、今後は「進学塾でもNo.1」を目指して会社全体で取り組んでいます。

   

塾の仕事。そのやりがいは?

 

学習塾というと、講師や受付の方と接することが主でしたが、入社した場合、どんな仕事内容がありますか?

入社後、まずは講師として生徒の夢の志望校合格に向かって教科指導の経験を積んでもらいます。その後、講師を続けることも可能ですし、教務社員として「経営者」目線でキャリアを積む事もあれば、人事・総務、広報などの管理部門の仕事にも挑戦できる環境です。

講師としても得意分野を追求することができるので、指導を通して、自分の研究を深めていく社員も多くいます。

それはすごい!

塾責任者となると、生徒を集めるノルマが大変そうですが…

リソー教育グループの中には、生徒募集専門の会社があるので、教室に常駐する社員は、マネジメントや授業に集中することができます。

すべては、求められる結果に向けた体制です。ここも他社との大きな違いですね。

経営やマネジメント力を身につけたい人も、講師として学問や指導を追求することも可能なんですね。びっくりしました。

僕は元々マネジメント指向が強く、前職は外食チェーンの店長をしていたんですよ。

!意外です!

リソー教育は昨年から初めて新卒採用を始めたので、我々は全員中途入社です。

転職の決め手は皆様なんだったのですか?

子どもが好き、人が好き。 そしてチャレンジングな挑戦ができる

 

僕がリソー教育に転職した理由は、マネジメントスキルの更なる向上を目指したためです。教務社員とは、講師ではなく“担任”という立場で生徒に携わります。生徒ひとりひとりのために組まれたチームのリーダーですね。生徒、保護者、講師というチームの全体を見ながら、志望校合格へ導いていく役目です。

教務社員とは初めて聞きました。マネジメント能力が身に付きましたか?

教務社員は担当する教室全体の運営を任される、非常にやりがいのある立場です。講師のスケジュール管理、生徒や親御さんへのフォローなど、常に広い視野でマネジメントを行う能力が身に付きました。経営者の立場に似ているので、経営の勉強にもなります。先ほどお話したように、他の会社と違い生徒募集に時間を割かれることなく、大局で考えられるのは魅力です。

私は子どもの頃から外交官に憧れ、勉強に猛進し外務省へ入省。欧米などへ駐在をしました。その中で、日本人学校・補修授業校へ通う生徒さんや親御さんとのふれ合いや、学校がない地域への支援を通じて教育の重要性ややりがいを感じてきました。

外務省から!

転職をする機会があり、今は人事としての仕事以外にも、会社全体の改革など幅広い仕事を行っています。教育とは社会貢献そのものです。数字で見えない結果が未来に花開く仕事として誇りを持っています。

私は大卒後、しばらくやりたい仕事に悩む期間がありました。そんな中、自分以外にも将来や悩む子どもがいるだろう、その手助けがしたいと思い、人材業界を経てリソー教育へ転職をしました。

基本的にみなさん「人への関心が深い」ですね。

私は大学卒業時、リーマンショックで就職難でした。新卒で入れる会社の重要さや本人がやりたい仕事ができること、その大切さを身に染みて体感した中で教育業界へ関心を持ち転職しました。

リソー教育様は、幼児教育から老年の方の学びまで、生涯を通じた教育サービスを展開していますね。

そうです。学びの大切さは一生物だと思います。

みなさんの前職は別々でも「結果へのこだわり」や「人のための仕事」など、仕事に対する考えは似ていますね。

それぞれの役目に集中できる会社と感じました。理想です!

リソー教育はひとりひとりにじっくり関われるので、人が好きという社員が本当に多いです。

 

 


全室ホワイトボードを備えた個室が特徴。プライベートな学校のような感覚だ。

 

少子化こそ成長のチャンス

 

今は少子高齢化が進んでいますが、進学塾を中心としたビジネスで不安はありますか?

ないですね!

ないですか!

むしろ我々にとっては大きなチャンスだと捉えていますね。なぜだかわかりますか?

なぜでしょう?子どもは減っているのに?

実は子ども一人当たりにかける教育費が非常に伸びているからです。子どもが少ないからいいという訳ではありませんが、今こそ「本物の教育サービスを提供する会社」が選ばれる時代なんです。先生1人生徒1人の完全個別指導に勝るシステムはありませんからね。

他にもリソー教育グループでは新しいサービスとして、TOMASを全国の中学校・高校の中に設置し、学校と手を組んで教育改革を行うなど、教育事業の幅を広げており会社としてもチャレンジを続けております。

心強い!

なるほど。新規事業へ携われるのは憧れます!

広いフィールドの仕事だな〜

時代を見越してポジティブに取り組んでいるんですね。

生徒さんとのふれ合いもありつつ、自分の仕事に集中できる環境が素敵だと思いました。

会社の働き方改革も進行中で、1ヶ月あたりの平均残業時間は10~15時間程度です。公平な人事評価制度など、安心して働き続けられる環境作りを進めています。

すごい!

社員が疲れてしまっては良い教育ができませんからね。公私ともにメリハリを持って働いてもらいたいと思っています。

講師としての追求も、教務社員として経営・マネジメントのやりがい、新規事業など、入社後も自分に合った目標を立てて仕事ができそうです!

 

 

選ばれる塾は会社自体に魅力があった

 

今日はありがとうございました。生徒としてしか見ていなかった学習塾や教育サービスの仕事の魅力がよくわかりました。

リソー教育様の社員のキャリアや労働環境を大切に思う考えも感銘を受けました。

私たちも学生のみなさんの意見や疑問を直接聞ける貴重な機会になりました。今後も質問があればいつでも連絡してきてくださいね。

今日はありがとうございました。またひとつ新しい企業や業界を知ることができました。

 

 

  >>株式会社リソー教育の採用についてもっと知る  
取材先企業様

株式会社リソー教育 【東証一部上場】

  • 事業内容:学習塾事業
  • 社員数:274名 【グループ合計848名】
  • 資本金:28億9,041万円(2019年5月24日現在)
  • 所在地:東京都豊島区目白三丁目1番地40号
  • 採用サイトここからチェック!